工事現場で土質改良機を使おう【資材のリサイクルが可能】

記事リスト

重機

取り扱いは慎重に

多様な用途に使えて便利な土質改良機ですが、取り扱いを誤れば重大なトラブルにつながります。取り扱いの注意事項はよく確認し、操縦者作業員ともども周知徹底しましょう。また機械の手入れを怠らずに、不具合は速やかに発見してこまめに修理するように心がけましょう。

詳しく見る

工事現場

土の質改善

水分の多く含んだ土や粘土質の土の状態を改良するための重機が、土質改良機である。沿岸部の水分を多く含んだ場所での工事や、粘土層の場所での工事などで活用されている。土の質を改良してそのまま使うことで、運び出しの手間などを省ける。

詳しく見る

作業員

特殊機械の利用方法

土質改良機を利用するための方法としては、新車の購入、レンタル、中古車の購入の3パターンがあります。いずれもメリットとデメリットがありますので、ニーズに応じて賢く使い分けることがポイントとなるでしょう。

詳しく見る

重機

レンタルを活用しよう

建設土木現場では、水分を含んだ土が出てくることも珍しくありません。このような土は土質改良機を利用することで土質を良好なものにすることが出来ます。土質改良機は購入することも出来ますが、レンタルで利用することもできます。コストを抑えたいのであれば、レンタルがお勧めです。

詳しく見る

工事現場

日々のお手入れが重要

土質改良機は土を改良するための機械です。土質改良機はマイナーな部類に入りますが今後は使用機会が高くなると予想されます。働く環境は重機にとってよくないところが多いので、日々のお手入れが非常に大切となります。

詳しく見る

残土をリサイクルする機械

重機

瓦礫の処理の仕方が違う

工事現場などで出た残土には瓦礫や大小の石などが含まれており、そのままでは農作業などに使えないのです。そのような雑物が混じった残土をリサイクルできるようにするのが土質改良機です。土質改良機を使う場合はレンタルを利用しますが、大きく分けると2種類あります。自走式と固定式です。人気のある土質改良機は自走式の方で、動かすことができるので現場まで運ぶのが簡単です。固定式は移動車両を用意して運ぶので手間がかかります。土質改良機の特徴として、残土に混ざった瓦礫や石などをカッターとハンマーで叩き潰します。この方式の土質改良機なら事前の選別作業が不要になるので、作業が簡単になるというメリットがあります。ただし石の大きさなどによってカッターやハンマーが故障することもあります。もう1つの方法はシャフトにパドルがついており、パドルで添加剤と残土をかき回して瓦礫などを砕くというやり方です。こちらの方は事前に大きな瓦礫や石を選別して取り除く必要がありますが、処理速度が速くなるというメリットがあります。また良質な土に変えることができます。工事現場の土の状態でどちらかの土質改良機を選ぶことになります。瓦礫や石などの雑物が少なく、粘土質や水分が多い場合はカッターやハンマーで叩き潰す機械を選びます。反対に瓦礫や石などの雑物が多く混じっている工事現場の場合は、パドルを使って処理する土質改良機の方を選びます。処理する土の質によって機械を使い分けるのです。