工事現場で土質改良機を使おう【資材のリサイクルが可能】

記事リスト

特殊機械の利用方法

作業員

複数の選択肢を検討

土地の上に建物を建設する際に重要となるのが地盤調査ですが、その結果十分な強度がないと判断された場合には地盤を改良することが必要となります。その場合に用いられる機械の一つが土質改良機です。土質改良機は大型の機材で、基本的に地盤改良を専門とする業者向けのものです。土質改良機を利用するための方法には主に3パターンあり、具体的には新車の購入、レンタル、中古車の購入となります。このうち、もっとも品質が確かでメーカーによる正規の保証が得られるのが新車で購入することですが、土質改良機はかなり高価で人気の機種では1000万円以上するため資金に余裕のある業者でなければ取りにくい選択肢かもしれません。そのため、よりコストを抑えて土質改良機を利用する方法として考えられるのが、残るレンタルと中古での利用となります。この2つを比較した場合、一般的な感覚としてはレンタルの方が必要な時だけ借りればよいためコストを抑えることができそうですが、土質改良機は特殊な機会ですのでレンタル業者が希少でありレンタル料も割高に設定されているケースが多いです。そのため、たまに使う程度であればレンタルでも十分ですが、使用頻度が比較的高かったり、急に必要となることが多いということであれば、レンタルよりも中古車を購入した方がトータルで見た場合のコストを安く抑えることができるかもしれません。いずれの利用方法もメリットとデメリットがありますので、自社の利用形態に合わせて賢く選択することがポイントとなるでしょう。